愛川町の雨樋掃除や修理はインプルーブにお任せください

雨樋の修理

 

愛川町の方で雨樋の掃除や修理をお探しならインプルーブにお任せください。ここでは、雨樋で多い困りごとや、解決方法について解説していきます。

 

インプルーブは業界最安値の税込み8800円〜19800円で対応可能いたします。電話やメール・LINEでお問い合わせください。

 

雨樋の掃除・修理の相場はいくらくらい?

雨樋の傷む3つの原因
  • 経年劣化
  • 風や雪の影響
  • 落ち葉やゴミ

 

雨樋は家の周囲に緑が多い地域ほど影響をうけやすく、建物を守り、雨音を和らげるなどの役割を果たしてないものもあります。

 

雨樋の掃除の料金の目安

 

愛川町の便利屋インプルーブでは、雨樋の掃除・修理は8800円〜19800円を目安にお伝えしていますが、3つの条件によって金額が変わります。

 

  • 雨樋内の土・葉・泥の量
  • 屋根の勾配
  • 雨樋の設置場所

 

落ち葉が詰まっている雨樋を例に挙げると、高圧洗浄機、業務用ブロアー、手作業によるシャベルなどにてきれいにしていくことになります。

 

家の裏手が雑木林や高い木がある場所は通水作業までに時間がかかることが多く大変なので、少し通常よりも料金が高くなる傾向がございますのでご了承ください。

 

足場を組んだり、大掛かりな機材は使わずに、なるだけ作業を行いますので、あまりお金をかけずに雨樋の掃除をしたいという方にはとくにおすすめです。

 

雨樋を交換するならばさらに値段はあがる

 

劣化して割れた雨樋ならば交換した方がよいでしょう。雨樋を交換する工事が必要になったら、足場が必要です。

 

愛川町の便利屋インプルーブでは外壁塗装・屋根塗装も行っているので、リフォームと一緒に雨樋の交換を行うことをおすすめしています。

 

雨樋の工事のみで足場を組むよりも負担も少ないので、実際に一緒に行う方も多いです。

 

火災保険を活用することも可能です

自然災害による雨樋の破損は火災保険が適用されることをご存じですか?

 

自然災害の例

大雨、大雪、台風や強風、ひょうなど

 

ただし、雨樋掃除は適用外です。

 

台風や大雨で雨樋が壊れてしまった場合は、実質的にお客様のお金がかからないので申請してみてください。

 

車の保険などと違って、火災保険を活用しても保険料が上がることもありません。

 

一つ問題なのが、経年劣化と自然災害は見わけが難しいという部分です。愛川町の便利屋インプルーブでは火災保険が適用できるかどうかを確認させていただきますのでぜひご相談ください。

 

火災保険の申請に必要なこと

被災箇所の写真・見積もり書作成・報告書作成

 

支払う料金が0円になることもあるので、ダメもとで見積もりをしてみるのも一つの手です。

雨樋の修理・掃除などメンテナンスが必要な状態

雨樋の掃除を怠っていると、修理が必要な状態にまで陥ったりしてしまいます。

 

そのため、定期的なメンテナンスが必要です。下記のような症状が出ていたら雨樋の修理か掃除を検討してください。

 

  • 新築時と比べて明らかに歪んでいる
  • 取付金具がサビている・劣化している
  • 雨樋に土砂や落ち葉がたまっている
  • 取り付けから20年以上経過している
  • 雨樋の一部が割れていたり変形・変色している

 

1階の方はまだしも、2階の屋根の雨樋を見ることは難しいので、屋根のリフォームや外壁のリフォームなどの時と一緒に行うことをおすすめします。

雨樋によるよくあるトラブル

 

  • 雨樋に土がたまり、雑草が生えてしまっている
  • 雨樋や集水器が土や枯れ葉などで詰まっていて水が流れない
  • 台風や突風で雨樋が飛ばされ庭に雨樋の部品が落ちていた
  • 雨樋のつなぎ目が外れて雨音がポタポタうるさくて点検・修理してほしい
  • 大雪で雨樋が壊れてしまった、歪んでしまった
  • 隣人の家に水はねや水が流れ込んでしまっている

 

このように、雨樋の汚れを放置したりしていると、大規模な修理が必要になることもあります。トラブルが見つかった場合、できるだけ早めに対応した方することをおすすめします。

 

雨樋のトラブルは対処が早ければ早いほど修理やメンテナンス費用は安く済みます。

 

雨樋掃除も詰まりが酷いとなると、改善するのに時間も手間もがかかるので、料金は高くなるということを覚えておきましょう。

 

 

雨樋の詰まりや破損を放って置くことのリスク

雨樋の役目として、屋根や軒先の雨を集めて排水溝へ流すことで、建物の腐食を防ぐことにつながります。

 

雨樋が壊れてしまうと、雨の音が気になったり、建物に被害をもたらしたりと、建物が劣化するスピードを速めてしまうことになってしまいます。

 

雨樋が壊れる原因は自然災害

 

雪や台風などの強風といったように自然災害が雨樋を劣化させる原因となります。

 

被害が出たときにすぐに気が付くならよいのですが、上の方にあるもので気が付かないという方が大半です。

 

雨樋の防護ネットもおすすめ

 

落ち葉やごみなどがたまらないように、雨樋に落ち葉除けネットを付ける方も増えています。

 

ネットがあれば水は流れますが、落ち葉や枝などはネットで食い止めることができます。まれにですが、スズメや鳩・カラスなどの野鳥が巣を作ってしまうこともあるので、それを防ぐことも可能です。

雨樋の掃除や修理などで気になった方はまずは電話・LINE・メールでご相談ください。

 

LINE

LINE

LINE

 

メール 電話 ライン Twitter