愛川町で太陽熱温水器を処分する方法と費用

太陽熱温水器が家のリフォームで不要になった、自然災害で壊れてしまったなど、水漏れがするなどがあれば便利屋インプルーブにご相談ください。

 

太陽熱温水器は20年程度で水漏れや温度不足などの不具合が起こったりすることが多く、使えなくなったものをそのまま、屋根から降ろすことができずに放置している方がけっこういます。

 

屋根のリフォームや外壁塗装などで足場を作ったついでに撤去するというのが一番安全な方法です。20年に以上経過した古いものであれば、台風などの被害で近隣の方に迷惑をかける前に撤去することをおすすめします。

 

費用について

 

太陽熱温水器の撤去費用は「約5〜10万円」くらいが相場と言われています。

 

便利屋「インプルーブ」での料金
足場を組まない場合

33,000円〜

足場を組む場合

99,000円〜

 

撤去する太陽熱温水器の年式や形などによっても費用が異なるので、見積もりが必須となります。

 

タンク一体型 貯湯タンクが屋根に載せてある
パネル分離型 集熱器とタンクが分離して集熱器だけを屋根におく
水道直圧型 ガス給湯器に接続することが出来る

 

処分にかかる時間について

 

朝日ソーラーなどタンク一体型の太陽熱温水器の撤去は半日程度で終わりますが、屋根の固定部分の補強や水道配管などの修正が必要な場合は1日かかることもあります。

 

また、太陽熱温水器と交換でガス湯沸かし器などを設置する場合は、もう少し工期が伸びることもあります。

 

撤去する際に、足場を組んだり、クレーン車を使って撤去するような場合もあります。

 

撤去費用の概算金額が知りたい方

 

メールやLINEでのご相談であれば、写真や築年数や撤去する機械の名称などを記載されるとスムーズに行えます。

 

もしも、屋根のリフォームと一緒に行うような場合は、太陽熱温水器の撤去もお願いしたらやってくれる場合もあります。また、太陽光発電を付ける際に、無料で撤去をしてくれる業者もあります。

 

リフォームなどと絡めて撤去をお願いしたいのか、太陽熱温水器だけの撤去をお願いしたのかで見積もりの料金も変わります。

 

そのため、様々な面も含めて複数の業者へ料金の見積もりをお願いして比較すると安心できます。

 

 

自分で解体して愛川町の粗大ごみ処理場へ持っていく

床面積が2畳以上の物置は、自分で解体しても町田市の粗大ごみ収集には出せませんが、直接粗大ごみ処理場へ持っていけば処分してもらえます

 

清掃工場への粗大ごみを持ち込みする際には軽トラックなどの運搬手段がなければ不可能です。そして、荷卸しも自分たちで行うことになるので、人数の確保も必要になるでしょう。

 

直接持ち込みするのが難しい場合は、業者に依頼することをおすすめします。

 

直接粗大ごみを清掃工場へ持ち込みする場合も事前に予約が必要なので、以下の窓口へ電話またはインターネットで申し込みしてください。

古い太陽熱温水器はなぜ撤去した方がいいのか

太陽熱温水器は太陽光により温水を作ることができるので、ガス代の節約になりとてもエコな機械です。

 

20年〜30年ほど前の家には多く屋根の上にのっていましたが、現在多くの家庭で経年劣化が進んでおり、屋根のリフォームと共に撤去されているような状況です。

 

太陽熱温水器の水漏れが原因で雨漏りすることもあり、修理をしようとしても部品がないので撤去することにされる場合もあります。

 

太陽熱温水器は100キロほどあるため、屋根の負担になっており、地震や台風などで被害が出ることもあります。

 

使ってないもの、壊れて使えないものが屋根の上にあるのであれば、自然災害が起こる前に撤去しておくことをおすすめします。

 

「地域の便利屋にお願いしたい」「見積もりをとるのが面倒」「すぐにでもお願いしたい」という方は、便利屋「インプルーブ」へご連絡ください。

 

メール 電話 ライン